2019年11月08日

東京外環道訴訟第7回口頭弁論12月12日(木)と提訴2周年集会(12月21日)のご案内

(1)東京外環道訴訟第7回口頭弁論のご案内
 東京外環道訴訟の第6回口頭弁論は12月12日(木)13時30分から東京地裁103号法廷にてに開かれます。(*)今回は、従前より30分早いのでご注意下さい。

原告は国の主張に反論します。
 今回、原告側は、シールドトンネル工事による白子川への酸欠空気漏出の事実から本件事業の違法性を、また、環境アセスが不適切(ボーリング調査の粗漏性、大気汚染調査の恣意性等)などを論証する予定です。

満席の傍聴をお願いします。
 今回(第7回)も傍聴席100席の大法廷103号法廷を満席にしてください。
 なお、傍聴は先着順です。満席になり次第締め切られるので、余裕を持ってお早めにお越しください。
 入れなかった方も14時30分からの報告集会に参加してください。

報告集会にもご出席ください。
 裁判終了後、報告集会を14時30分から衆議院第2議員会館(B1F) 第1会議室にて行います。
こちらも参加してください。弁護団から詳しい報告・解説がされます。


● 東京外環道訴訟第7回口頭弁論
  12月12日(木)13時30分〜(14時)
   東京地方裁判所1階103号法廷
   (地下鉄「霞ヶ関」駅A1出口)
   弁護団が意見陳述を行います。

● 14時30分〜 報告集会
   衆議院第2議員会館(B1F) 第1会議室
   (14:20頃〜1階ロビーで入館証配布)
   丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」
   1番出口より徒歩6分
   弁護団から解説がされます。

(2)提訴2周年集会(12月21日)のご案内
 昨年の提訴1周年の集会以降の1年を皆様とともに振り返り、さらに進んでいくために提訴2周年集会を企画しました。是非ご参加ください。

 東京外環道訴訟 提訴2周年集会
 日時:12月21日(土)14時〜16時(開場13時30分)
 会場:武蔵野芸能劇場
(三鷹駅北口徒歩1分)
    武蔵野市中町1-15-10(TEL 0422-55-3500)
 主な次第
 ・対談:街や自然をぶち壊す道路建設をどうしたら止められるか?
   山本俊明さん(ジャーナリスト 時事総研客員研究員、
    「僕の街に「道路怪獣」が来たー現代の道路戦争―」著者)
   岡田光生さん(東京外環道訴訟 原告)
 ・報告:裁判の経過と今後
    武内更一弁護士、 遠藤憲一弁護士
   

*****[お知らせ]*****
東京外環道の真実を伝える本を広めてください!
 「住宅の真下に巨大トンネルはいらない〜ドキュメント東京外環道の真実〜」
  丸山重威著 東京外環道訴訟を支える会編 本体1600円
  推薦:浜 矩子(同志社大学教授) あけび書房

外環ネットのブログはこちらから




posted by 東京外環道訴訟を支える会 at 00:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: