2019年04月15日

満席の傍聴を!東京外環道訴訟第5回口頭弁論5月14日(火)14時〜地裁103号法廷

 東京外環道訴訟第5回口頭弁論のご案内
提訴1年3か月で2度目の裁判長交代!
 東京外環道訴訟の第5回口頭弁論は5月14日に開かれます。
 裁判所の都合により、4月25日から5月14日に変更になりました。
 また、裁判長が朝倉佳秀氏から鎌野真敬氏に交代しました。
 裁判長交代による弁論更新では、大深度法は憲法違反であるという主張を改めて要約して陳述します。
 また、世田谷では、酸欠ガスの噴出に続き、住宅地の地下をシールドマシンが掘進し始めて以降、周辺の広い範囲の住宅で、寝静まった夜間や早朝に「地震だ〜」とびっくりして起こされるような振動被害が次々報告されています。地表に影響を与えないという大深度法の前提を崩す事態を続発させる事業を追及していきます。

住民の熱い想いを新裁判長に伝えましょう。
 今回(第5回)も傍聴席100席の大法廷103号法廷を満席にしてください。
 なお、傍聴は先着順です。満席になり次第締め切られるので、余裕を持ってお早めにお越しください。
 入れなかった方も15時からの報告集会にご参加ください。

 裁判終了後、報告集会を15時から衆議院第2議員会館(B1F) 第1会議室にて行います。
こちらも参加してください。弁護団から詳しい報告・解説がされます。


● 東京外環道訴訟第5回口頭弁論
  5月14日(火)14時〜(14時30分)
   東京地方裁判所1階103号法廷
   (地下鉄「霞ヶ関」駅A1出口)
   原告と弁護団が意見陳述を行います。

● 15時〜 報告集会
   衆議院第2議員会館(B1F) 第1会議室
   (14:45〜1階ロビーで入館証配布)
   丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」
   1番出口より徒歩6分
   弁護団から解説がされます。

*****[お知らせ]*****
東京外環道の真実を伝える本を広めてください!
 「住宅の真下に巨大トンネルはいらない〜ドキュメント東京外環道の真実〜」
  丸山重威著 東京外環道訴訟を支える会編 本体1600円
  推薦:浜 矩子(同志社大学教授) あけび書房

外環ネットのブログはこちらか

posted by 東京外環道訴訟を支える会 at 18:15| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
毎回、辯護士から問題点の指摘や、被告国交省を追及する発言がある。他の裁判では書類のやり取り、その確認だけで終わることが多く、なにを争っているのかわからないが、この裁判では訴訟の意味が分かるので、傍聴する価値がある。
広い法廷が傍聴者で埋まっているのも、感じがいい。
Posted by シールドマン at 2019年04月20日 22:31
司法の独立とか三権分立とかが危なくなっている。
国民はしっかり監視してるよということを裁判官に示すためには、傍聴席を一杯にしないといけないよね。
Posted by at 2019年04月20日 22:44
コメントありがとうございます。
是非傍聴にきてください。

>さん
>
>司法の独立とか三権分立とかが危なくなっている。
>国民はしっかり監視してるよということを裁判官に示すためには、傍聴席を一杯にしないといけないよね。
Posted by 東京外環道訴訟を支える会 at 2019年04月20日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: